動画制作

動画制作にはどれくらいの費用がかかる?動画制作費用の相場をチェック

文字数
文字 / 分
難易度
やさしい

動画制作にどれくらいの費用がかかるかを知っておくと、予算をたてる際の参考になります。
動画制作は5万円から10万円程度でできることもあれば、100万円以上かかる場合もあり、動画の種類や用途によって費用が大きく変動します。
費用を決めるための要素や、費用を抑えるためのポイントを知っておくと、動画制作会社とのやり取りをスムーズに行えるようになります。

この記事では、

  • 動画制作にかかる費用の相場
  • 動画制作の費用を決める要素
  • 動画制作の費用を下げるポイント

について紹介します。

対象者

  • 動画制作にかかる費用の相場を知りたい方
  • 動画制作の費用を決める要素を知りたい方
  • 動画制作の費用を下げるポイントを押さえたい方

動画制作にかかる費用の相場はどれくらい?ジャンル別に紹介

動画制作にかかる費用は非常に幅が広く、映像の種類や動画のタイプによって大きく異なります。
まずは動画制作費用の、一般的な相場をジャンル別に紹介します。

映像の種類による相場の違い

映像は主に「アニメーション」「実写」「3DCG」の3種類があります。それぞれの相場は以下のようになります。

アニメーション 20万〜100万円
実写 50万〜200万円
3DCG 100万〜300万円

アニメーションでも静止画を切り替えていくようなタイプもあれば、テレビアニメのようにキャラクターが動くタイプなど、クオリティによって価格は変動します。
それぞれの動画の長さ(尺)、ナレーションや音響効果の有無など価格を決める要素は多いため、上記の相場はあくまで一例として考えるとよいでしょう。

動画のタイプによる相場の違い

動画にはCM動画、インタビュー動画、会社・学校などの施設紹介、研修や教育目的の動画など、
さまざまなタイプが存在します。

編集にかかる手間やカメラの台数、動画の長さなどによって価格は大きく変動しますが、一般的な相場は以下のようになります。

インタビュー動画 5万〜20万円
会社・学校・施設紹介動画 30万〜200万円
マニュアル動画 30万〜100万円
展示会動画 30万〜200万円
教育・研修動画 30万〜80万円
イベント動画 5万〜80万円
CM動画 80万〜300万円
YouTube動画 10万〜100万円

5分程度のインタビュー動画などそれほど編集の必要がないものは5万〜10万円程度でできる場合が多いですが、テレビCMはクオリティを追求するため非常に価格が高くなる傾向があります。

動画制作の費用は非常に幅が広い

上記で示した動画制作の費用を見てもわかるように、動画制作にかかる費用は非常に幅が広く、どの程度の費用がかかるのか予想がつきにくいのが難点です。
動画の制作を依頼する会社やフリーランスのクリエイターによっても価格設定は異なりますので、まずは問い合わせや見積もりを取ってみるとよいでしょう。

動画制作の費用はどのような要素で決まるのか?

動画制作の費用は、非常に多くの要素で決まります。
動画制作の費用を決める条件や要素を知っておくと、費用をかけるべきポイントや費用を抑えるためのコツが見えてくるため、納得できる価格で動画制作を依頼することができます。

動画制作の費用の基本は「作業時間・手間」×「人数」

動画制作にかかる費用の基本は「作業時間・手間」×「人数」です。
1回の撮影に多くのスタッフが帯同したり、編集に時間がかかるような特殊効果をつければ、それだけ費用は増えていきます。
もちろん、制作に関わる人のスキルによっても費用は上がりますし、スタジオや設備、機材を使用することでも費用は上がります。

費用を決める「時間」は「動画の時間(尺)」ではないことに注意が必要です。
特別な設備や機材の必要のない30分の動画よりも、人数や時間をかけて撮影・編集をする必要のある5分の動画の方が金額が高い、ということも十分に考えられます。
「わずか5分の動画でどうしてこんなに納期が先なのか」「尺が短いのにどうしてこんなに価格が高いのか」という疑問を持つ顧客は多いかもしれませんが、全て「作業時間」とスキルを含めた「人数」によって費用が決まると考えると、十分に納得できるケースがほとんどです。

  • 作業時間(企画・撮影・編集)
  • それぞれにかかる人数
  • スタッフの持っているスキル
  • 撮影や編集に使用する機材費
  • 撮影や編集に使用するスタジオ使用料・設備費
  • 動画の尺
  • 特殊効果やテロップなど編集作業の手間
  • BGMや音響効果などの音声素材や映像・画像素材

企画にかかる費用

動画制作は企画の段階から始まっています。
企画書や提案書を作成し、動画の使用目的やどのような人をターゲットにするかなどを依頼者と制作会社で話し合い、動画の方向性を決めていきます。
完成形を具体的にイメージできるように台本や絵コンテの作成も行います。この段階は「プリプロダクション」と呼ばれており、動画制作の土台になるため、撮影以上に重要だといわれます。

撮影するための人材・機材・設備の確保や撮影場所の手配、スケジューリングなどはこの段階で全て行います。
これらの手配をディレクションといい、ディレクションを行う人をディレクターと呼びます。
ディレクターはプロジェクト全体の責任者であり、ディレクション費用は制作費用の1割程度が一般的です。

企画・構成費 5万〜30万円
台本作成費 5万〜10万円
プロデューサー人件費 10万〜50万円 ※制作費用の1割程度が相場と言われる

撮影にかかる費用

撮影のことを「プロダクション」と呼びますが、ここが動画制作のメインとなり、スタッフやキャストなど非常に多くの人が関わります。カメラや音響・照明など最小限の人員に抑えれば費用が安くなりますが、キャスト(出演者)がいる場合はスタイリストやヘアメイクといったスタッフも増えますし、カメラの台数が増えればカメラマンも付随して増えていきます。

撮影費用の相場は一般的には以下のようになります。

撮影費用 10万〜100万円
機材費 5万〜50万円
スタジオ使用料・ロケ地レンタル料 15万〜30万円
キャスティング費用 5万〜50万円

上記の費用には以下のものが含まれており、それぞれ機材のグレードやスタッフのスキルによって費用が変わります。

  • カメラおよび周辺機器使用料
  • カメラマン
  • 照明機器・設備
  • 照明担当者
  • 録音機器・設備
  • 音声担当者
  • キャスト
  • スタイリスト
  • ヘアメイク
  • エキストラ
  • 衣装
  • スタジオ使用料
  • ロケ地レンタル料

編集にかかる費用

撮影した素材を編集し、動画として完成させる段階を「ポストプロダクション」と呼び、動画素材をつなぎ合わせる「動画編集」、色の調整を行う「カラーグレーディング」、ナレーションやBGM、効果音などを付け加える「MA(Multi Audio)作業」などを行います。
字幕や画像素材、特殊効果を追加することもあり、作業の工程が増えるほど費用が増えていきます。

映像編集 5万〜50万円
カラーグレーディング 3万〜10万円
MA作業 3万〜15万円
ナレーション 3万〜5万円
※ただしナレーターのスキルや知名度によって変動

機材や設備にかかる費用

撮影や編集では必要な機材があり、使用する際に料金がかかります。
主に以下のような機材・設備が使用され、それぞれの工程で金額に含まれている場合があります。
クレーンやドローンなどの特別な機材を使用する場合は別途料金がかかることもあります。

  • カメラ・レンズ
  • モニター
  • 照明機材
  • マイク
  • クレーン
  • ドローン
  • 撮影スタジオ
  • 編集スタジオ
  • パソコンなどの編集用機器と編集用ソフト
  • ミキサーやヘッドフォンなどの音響機器

リーズナブルに抑えたい!低価格で動画制作をしたい場合の方法と相場

動画制作にかかる費用を抑えたい場合にはどうすればよいでしょうか。
動画のクオリティを担保しつつ、できる限り料金がかからないようにする工夫を紹介します。

動画についての詳細なイメージを正確に伝える

動画制作会社が用意するものを自前で揃えることができれば、かなりのコストダウンになります。
ただし、企画書の作成を依頼者が行うのは難しいでしょう。

プロ級の動画制作を行った人でなければ、依頼者が用意した企画書はあくまで「素人が作成したレベル」であり、クオリティやスケジュールなどに見落としがあることも多いため、結局動画制作会社が企画書を作り直すことになりかねません。

ただし、動画制作会社に依頼をする時点で動画の完成イメージをしっかりと固めておけば、変更が生じて修正費用がかかる可能性が低くなります。
また、動画の完成イメージを制作会社に詳細に伝えることで、制作会社もより正確な見積もりを出すことができます。

特に以下のような点を明確に動画制作会社に伝えるようにしましょう。

  • 動画制作の目的・用途
  • 完成した動画のイメージ
  • 動画の尺
  • 撮影場所
  • ナレーションの有無
  • 字幕・特殊効果の有無
  • BGMや効果音の有無

キャスト・小物・場所などを自前で用意する

キャストやエキストラ、小物などを自前で用意すれば、その分の費用を抑えることができます。
ただし演技が必要な場合には、キャストはプロに依頼する方がよいでしょう。
エキストラであれば自社の社員でまかなえる場合があり、一人あたり1万〜3万円程度の削減ができます。

また自社の施設内で撮影すれば、スタジオ料金や撮影場所のレンタル料金がかからず、10万〜30万円程度の費用削減になります。

撮影にかかる時間を短くする

撮影にかかる時間を短くすることも費用削減になります。1日で撮影が終わるような内容にしたり、日帰りできる程度の遠くない場所で撮影をしたりするなど、効率よく撮影が終わるようにしましょう。

また、カメラの台数を増やさずに1台で終えるような工夫ができないか、制作会社と相談してみるのもおすすめです。
カメラの台数あたり5万〜25万円程度、照明機器や録音機器でスタッフ含め1日あたり5〜20万円程度の削減になります。

ありあわせの素材をうまく活用する

BGMや使用する画像・動画などの素材を工夫することでも、料金を安く抑えることができます。
オリジナルのBGMを制作するなら作曲・編曲・エンジニアなどに依頼する料金がかかりますが、フリー素材の効果音や音楽を使えば、3万〜5万円程度の費用削減になります。

動画制作会社の選び方によって価格を抑えられる

動画制作会社によって価格設定は異なります。
外部に業務を委託している動画制作会社の場合、下請けとなる会社が増えるほどマージンがかさみ、最終的な価格が高くなります。
10万円程度でできる動画に50万円以上かかるというケースも少なくありません。

一社でワンストップ制作ができる動画制作会社なら安価での制作が可能です。

費用とクオリティのバランスを考える

費用削減は会社にとって重要な問題なので、動画制作にかかる費用を下げたいと思うのは当然だといえます。
ただし費用を下げようとして、動画のクオリティまで下がってしまっては本末転倒です。

特に広告として運用する場合には、できる限りクオリティを下げずに費用を抑えられるポイントを動画制作会社と話し合って決めていきましょう。

複数の動画制作会社に見積もりを取る

動画制作を行う際は、複数の動画制作会社に見積もりを取って比較してみましょう。
その際は工程ごとにかかる費用の詳細を出してもらい、不明点は細かく質問することをおすすめします。

大手広告代理店と安価な動画制作サービスの費用を比較する

テレビCMなどの広告や、動画のPV数を増やしたいという場合、大手の動画制作会社・広告会社・広告代理店に動画制作の依頼をするケースもあるため、大手広告代理店に依頼する場合の費用について解説します。また、AI自動生成の動画制作サービスや、ワンストップで動画の制作・運用を行える動画制作会社のメリットも紹介します。

大手広告代理店が最も費用が高くなる

広告代理店は大手企業のCM制作などを請け負うことが多いですが、動画制作においては最も費用が高くなります。
広告代理店は「動画制作のプロ」ではなく、「広告枠販売や広告運用のプロ」なので、動画制作自体は外部に委託する多重構造になっていることがほとんどです。

前述の通り、下請けなど間に入る企業の数が増えるほど制作費用は高くなります。最大手の広告代理店がテレビCMを制作した場合、1,000万円以上かかるというケースもあるようです。

AI自動生成の動画制作サービスを利用する

最近では、AIを使った自動生成の動画制作サービスや動画制作アプリも人気を高めています。
3〜5分程度の簡単な動画でよい場合や、動画をたくさん制作したい場合、動画の更新頻度を高めて毎日SNSにアップしたい場合などは、動画制作サービスを利用したほうが安価になります。
料金は月額10万〜20万円程度なので、制作する動画の本数が増えるほど1本あたりの費用が安くなります。

AI自動生成の動画制作サービスには、以下のようなメリットがあります。

  • 定額制なので料金がわかりやすい
  • 動画の更新頻度を高められる
  • スピーディかつ簡単な操作で動画が制作できる
  • UIがわかりやすく、動画制作に不慣れでも十分扱える
  • 字幕のフォントやBGMなどが豊富

逆に、以下のようなデメリットも考えられます。

  • 動画を多く制作しないと元が取れない
  • テレビCMのようなクオリティを追求するには不向き
  • 字幕やBGMが限られる
  • 長時間の動画には不向きな場合がある
  • 制作する人のセンスが問われる
  • 制作した動画の運用も自社で行う必要がある

ワンストップで制作できる動画制作会社がおすすめ

制作した動画を、ウェブ広告やSNSなどで運用する場合には、動画制作から運用までワンストップサービスを提供している動画制作会社がおすすめです。
外部への委託を行っていない分、広告代理店に比べて費用を大幅に抑えることが可能です。
提供しているサービスの内容は動画制作会社によって異なるため、事前に確認することが重要です。

動画広告ネットは、10万円から動画の制作ができるほか、サイト制作・広告運用など動画広告をワンストップで一元管理できる動画広告サービスです。
これまで100社以上もの動画広告を請け負った経験をもとに、費用対効果の高い動画広告を制作・運用することができるのが特徴です。

動画制作に関するご相談がございましたら、無料で承りますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

まとめ

1

動画の種類やジャンルで費用がかわる

2

「作業時間・手間」×「人数」が費用の基本

3

機材や設備によって費用が増える

4

広告代理店など外部に業務を委託する多重構造になるほど費用がかかる

5

ワンストップで制作できる動画制作会社は費用が抑えられる